古い着物をできるだけ高く売るコツを紹介!

箪笥から着物を取り出す女性

古い着物を売るときは少しでも高く査定してもらいたいものですが、予備知識がないと相場よりも安く値切られてしまうこともあります。

また、着物は素人が査定すると自信がなくて安い金額を提示するため、実績があるか確かめて業者を選ばないといけません。

着物は高価なもので古くても安く値切られると困るため、複数の業者の査定金額を比較して選ぶことが大事です。

しかし、時間に余裕がなく急ぎで着物を買い取ってほしいときは比較できる数が限られ、おすすめの業者を知ると失敗するリスクを減らせます。

また、着物が古すぎたり傷んでいると売れるかどうか不安になりますが、この記事では対処法を紹介します。

着物を高く売るためには査定ポイントや注意事項を確かめ、金額や結果に納得できるようにしましょう。

目次

着物を売りたい方におすすめの買取業者3選

カラフルな生地
着物を売りたい方におすすめの買取業者3選

着物の買取業者は多くありどれが良いか迷いますが、おすすめの業者を知ると優先的に比較できて便利です。

また、着物の買取業者は着物以外の買取も行う業者があり、重要視されていないと査定金額が低くなります。

おすすめの業者は運営会社の実績やサービス内容、口コミや評判などを参考に、初心者でも安心して利用できることが特徴です。

中でも以下の3つの業者は知名度が高く、買取方法は店頭以外にも出張や宅配などもあります。

古い着物はリユースやレンタル、中古として再販するために買い取りますが、その際に査定や出張などで費用が発生します。

しかし、おすすめの業者は査定や出張などがすべて無料になり、複数の査定金額を比較して決めるために便利です。

また、着物買取業者は着物を取り扱っているものの査定担当者に専門的な知識がなく、相場よりも非常に安い金額を提示する傾向があります。

そのほか、アポ無し訪問で着物を買い取ると言われた場合は特に注意が必要で、安く買って高く売ることが目的です。

以下の3つの買取業者は実店舗もあり知名度があり、利用者の顧客満足度が高いため査定金額を比較する業者の数を減らしたい場合に参考にすると失敗を防げます。

バイセル

バイセルは運営会社が上場企業で信頼感があり、木村佳乃さんのCMやポスターでも人気です。

着物の買取は公式サイトで24時間365日受け付け、思い立ったらすぐに依頼でき急ぎの場合にも対応できます。

また、取り扱う着物の種類が豊富で、帯や和装小物、反物など付属品も買い取ってもらえて便利です。

シミや破れなどがひどく証紙や証明書がないと他社で買い取ってもらえませんが、バイセルなら取り扱っているため気軽に依頼できます。

着物の査定は専門の知識を持つ熟練の鑑定士が担当し、出張買取サービスは店舗に行かなくても自宅に来てもらえて便利です。

また、女性の査定士も多く男性が苦手であれば気軽に指名でき、着物に関する相談が無料でできるほかクーリングオフ制度など万全なサポート体制のため安心できます。

申し込みはウェブサイトにアクセスし、店頭買取、宅配買取、出張買取のなかから選べエリアは全国対応です。

また、買取金額の入金日は成約から2営業日以内になり、すぐに現金が必要な場合にも対処できます。

そのほか、出張費用や査定料金などの手数料はすべて無料になり、着物の査定金額だけ確かめて他社と比較してから決めやすくて便利です。

福ちゃん

次に、福ちゃんは中尾彬夫妻のCMでおなじみで、実店舗が多くピンク色に「服」と書いたマークが特徴です。

また、着物買取は定期的にキャンペーンを行い、期間限定で査定金額がアップするなど高く売るチャンスがあります。

申し込み方法は電話またはウェブサイトのフォームから査定に関する問い合わせができ、出張買取は査定料金や出張費用がかからず全国対応です。

査定結果は納得できない金額であれば気軽にキャンセルも可能で、その際に違約金を支払う必要がなく安心できます。

着物の買取実績は実に600万点以上と豊富にあり、電話やメールでも査定や買取に関する相談ができて便利です。

また、最近では鈴木福さんを交えた新しいCMの放送が始まり、出張買取限定で買取価格30%UPキャンペーンを実施しています。

そのほか、着物以外に食器や骨董品、楽器などの買取も行うため、不用品処分でついでに利用できて効果的です。

着物買取は古く状態が悪くても買い取ってもらえ、1枚からでも受け付けていて帯や和装小物など付属品も扱っています。

また、買取価格が上がる要因は着物市場を直接運営し、多くの販売経路を確保し需要に合わせて査定できるためです。

ザ・ゴールド

ザ・ゴールドといえば梅沢富美男さんが着物を着て笑顔でアピールする公式サイトが特徴で、着物以外にも骨董品や貴金属、時計、宝石なども買い取っています。

また、着物は寄付やリユースに取り組むほど力を入れ、需要や人気に応じて鑑定するため安心です。

在籍する査定士は遺品査定士終活カウンセラーなどの資格も持ち、スキルアップに取り組むことで利用者から高い評価を受けています。

査定士は女性も多く男性が苦手であれば指名し、着物に関して気軽に相談できて便利です。

店舗は全国で70以上の直営店があり、運営会社は創業60年と長いため安心感と信頼感があります。

ザ・ゴールドで高く売れる要因はリユース着物の目利きが査定スタッフに定期的に教育や指導、情報を共有することで、着物を丁寧に時間をかけて査定するためです。

近年では着物の需要が高く買取相場も上がっているため、自宅のタンスや押入れなどで使わないまま眠っている場合は査定を依頼すると良いかもしれません。

また、査定や買取は電話やメールでも無料相談でき、大掃除や引越しなど不用品処分で利用すると便利です。

公式サイトで着物の買取事例を写真つきで紹介しているため、査定に対して自信があることを示しています。

着物を売りたい方における買取業者の選び方

和装の女性
着物を売りたい方における買取業者の選び方

着物を高く売るためには買取業者の選び方が重要で、失敗すると相場よりも非常に安く値切られて損することになります。

また、同じ種類の着物でも業者ごとに買取額が変わってくるため、複数の査定金額を比較してから決めることが大事です。

着物の査定は1枚ずつ査定する方法は細かい部分を見逃さないため安心できますが、業者の中にはまとめて総重量で金額を出す場合もあります。

このため、ホームページに査定方法を明記され、電話で無料相談ができるか確かめてから利用することが大事です。

着物買取業者は基本的に3つの買取方法があり、店頭と宅配、出張の中から選べます。

また、着物は見た目に反して重いことやシワが付きやすいため、量が多くなれば出張買取を選ぶと安心です。

ただし、出張買取は希望する日時に対応できない場合もあり、宅配買取で箱に詰めて業者に自宅に取りに来てもらうとスムーズに対応できます。

しかし、着物は業者ごとに買取額が大きく変わってくる場合もあり、クーリングオフ制度があれば成約後でも一定期間以内であればキャンセルができて便利です。

また、業者によっては査定の際に発生する配送や出張、鑑定に手数料がかかり、提示した金額から減額されるため事前に確かめて依頼する必要があります。

着物買取専門から選ぶ

最近ではリユース着物が注目され古くなってもある程度の価値がありますが、売る場合は業者や店舗をきちんと決めないといけません。

また、リサイクルショップは不用品の処分で現金と交換するために利用すると便利で、着物も取り扱う店舗もあります。

しかし、実際には家電製品などをメインにするため着物に関する知識がないスタッフが多く、実際の相場価格と比べて安くなるためなるべく避けることが大事です。

逆に、着物買取専門は着物に関する知識があり、買取方法も店頭以外に出張や宅配もあります。

着物はブランド品と同様に種類や製法、模様、使用する生地、技法などで価値が変わり、ある程度の知識がないと正確な査定金額を出すことは難しいです。

このため、古い着物をなるべく高く買い取ってもらうためには専門店のみの査定金額を比較し、納得してから手放すようにしないといけません。

ただし、「着物の高価買取」とうたっていても実際には安く値切る業者も少なくないため、ホームページに実績や評判などの情報があることを確かめてから依頼することが重要です。

以上のように、着物の高価買取を依頼するときは専門的な知識がないと正確な査定金額を出せないため、後悔しないようきちんと選ぶ必要があります。

着物の買取方法から選ぶ

着物をなるべく高く売りたいときは着物買取専門の業者や店舗を探し、リサイクルショップなどは選択肢から外すと効果的です。

なぜなら、着物に関する知識があるためで、相場や需要に合わせて査定してもらえて安心できます。

また、店舗があっても自宅から遠くて持ち込みが難しい場合に備え、出張や宅配での買取にも対応し好みに合わせて選べて便利です。

ただし、店頭持ち込み以外の買取方法を選ぶときは出張や宅配のコストがかかる場合もあり、その分査定金額が安くなるケースもあります。

しかし、大手の専門店であれば出張や査定などが無料になり、流通経路を増やすなど企業努力し高価買取を実現していて安心です。

着物は意外に重さがあるため店頭に持ち込むときにシワができやすく、通常の査定金額より減額される可能性があります。

このため、出張買取や宅配買取に対応する業者を選ぶと便利ですが、メリット・デメリットを確かめて選ぶことが大事です。

また、キャンペーンを利用すると通常の査定金額より上がるため、最新の情報を確かめてチャンスを活かすと効果的です。

着物をなるべく高く売りたいときは買取方法も重要な要因になり、最適な方法を選ぶようにしましょう。

出張買取

出張買取は訪問買取とも表記されますが、業者の査定担当者が自宅に訪問してその場で着物を査定する方法です。

メリットはその場に査定担当者がいるため気軽に相談でき、事前に相場を確かめていると金額交渉が有利になります。

また、わざわざ店舗に持ち込む必要がなく、時間に余裕がない場合にも対処できて便利です。

査定金額は担当者が提示した金額に納得するとその場で受け取れることもあり、今すぐに現金が必要な場面で助かります。

逆に、提示された査定金額が希望額より少なくてキャンセルすることもでき、違約金や出張費がかからない業者だと安心です。

逆にデメリットは年末年始や年度末など引っ越しや大掃除などで需要が集中する時期は希望する日時に予約できないことや、買取金額や着物の数量などで条件が付けられることです。

また、出張費や査定費、キャンセル料金がかかるケースもあり、安く値切られたあとに断れないようにするケースもあります。

しかし、大手の着物買取専門業者はこのような行為をしないため、査定金額を比較してから選びやすく便利です。

以上のように、出張買取はわざわざ店舗に行かずに済むため便利ですが、対応するエリアや費用などを確かめて利用する必要があります。

宅配買取

宅配買取は着物を箱に詰めて業者に送り、メールや電話で査定担当者から結果の連絡があります。

メリットは業者が準備したダンボールなど梱包キットを使い、着払い伝票と着物を入れて送付するためわざわざ店舗に行かずに済むことです。

また、箱に詰めた着物は自宅に配送業者が取りに来るため、都合がつく時間を指定するとそれまでに準備するだけで完了します。

このため、多くの着物が自宅にある場合にも出しやすく、出張買取のように事前に予約せずに済むため便利です。

しかし、査定担当者がその場にいないため価格交渉ができないことや、キャンセルすると返送料がかかることがあります。

また、着物を箱に詰めて送る場合は強く折るとシワができやすく、時間がかかると湿気がついて安く査定されることもあります。

このため、出張買取とくらべて宅配買取は不便だと感じますが、急ぎの場合でも事前に予約しなくても依頼できて便利です。

また、出張買取は査定担当者に自宅の中に入ってもらうため、抵抗がある人も少なからずいます。

宅配買取は出張買取が苦手で店舗に持ち込む手間をかけたくない場合におすすめですが、送料やキャンセル料などを確かめてから選ぶことが大事です。

アフターフォローから選ぶ

着物買取を利用するときはアフターフォローがないと失敗するリスクがあり、事前に業者のホームページで確認する必要があります。

着物は同じ種類のものでも業者や査定担当者ごとに提示する金額が異なり、専門的な知識がないと安く値切られやすく注意が必要です。

このため、すぐに決めずに複数の業者の提示額を比較し、納得できる内容を選ぶと失敗を防げます。

アフターフォローはお客様相談窓口クーリングオフがあり、安心して利用できる業者を選ぶきっかけになります。

クーリングオフは成約しても一定の期間内であればキャンセルでき、複数の業者の査定金額を比較するために便利です。

また、お客様相談窓口は電話やメールなどで査定担当者に問い合わせ、疑問点があれば質問や相談ができます。

着物の買取は査定以外に出張や配送などで費用がかかりますが、大手の着物買取専門業者だと無料です。

ただし、無料になるためには条件がつけられている業者も少なくないため、きちんと注意事項を確かめる必要があります。

着物の買取は信頼や実績がある鑑定士がいる業者を選ぶことが一番ですが、アフターフォローの内容をきちんと確かめ困らせないようにしないといけません。

着物の買取相場

着物の帯

着物の買取相場は種類とそれぞれの需要で変わるため、ブランド品と同じようになります。

中でも、着物には訪問着や留袖、振袖などは人気が高く、それぞれの特徴を解説していきます。

しかし、同じ着物でも査定担当者によって提示する金額が異なり、比較してから決めることが大事です。

買取相場は業者ごとの査定金額を比較する目安になり、事前に調査しないと安く値切られることもあります。

また、近年では買取業者側が利益を確保するため相手の足元を見て値段をつけることもあり、安い金額を提示されても反論できるようにしないといけません。

最近では、着物の買取相場が上がっているため、自宅に使わずに眠っている場合は査定だけでもしてもらうと良さそうです。

着物は種類だけでなく作家や製法によって価値が変わるため、古い家の押し入れやタンスに保管したまま眠っていると思わぬお宝になることもあります。

このため、訪問買取のターゲットにされることもあり、許可を受けていない業者であれば相場よりはるかに安い金額を提示し高く売って儲ける手口が多く注意が必要です。

また、着物の買取相場が高くても専門的な知識がない査定担当者は安い金額を提示するため、実績がある鑑定士がいる業者に依頼する必要があります。

留袖の買取相場

留袖といえば子供が結婚するときに母親が着る着物ですが、種類によって買取相場が変わってきます。

また、留袖の種類は色留袖黒留袖がありますが、前者より後者のほうが高級感あり査定金額も高めです。

黒留袖の特徴は紋が5つ入り金色や銀色の帯袋で豪華さがあり、足袋は底が高く錦織の帯生地や金銀が入っています。

逆に、色留袖はピンク色やクリーム色になり、柄は裾のみで紋は1つまたは3つあり背中に付いていることが特徴です。

このため、黒留袖のほうが色留袖より格式高く、査定金額も上がってきます。

しかし、最近では黒留袖を着用せずに洋装で結婚式に出る既婚女性が多く、珍しくなりましたがそれゆえに高く売れることもあります。

逆に、色留袖は格式高い袋帯を合わせると効果的で、帯の結び方はお太鼓結びや二重太鼓が人気です。

また、草履やバックはゴールドやシルバーを基調としたものが一般的で、帯締めと帯揚げは金色の装飾がある白色のものを選ぶと華やかさがあります。

このため、最近では色留袖のほうが需要があるため、高く売れる可能性があります。

留袖はほかの種類の着物と比べると査定金額が高くなりますが、専門の業者に買取を依頼しないと安く値切られるため注意が必要です。

振袖の買取相場

振袖といえば江戸時代からある歴史が長い着物のため、着物の代名詞的存在で買取相場も高めです。

しかし、振袖は大振袖、中振袖、小振袖と3種類あり、それぞれ着用シーンや特徴が変わってきます。

最近では成人式などで大振袖が着用され、袖丈のサイズは110センチ程度で5つ紋で絵羽柄です。

しかし、近年では紋が入っていない振袖が多く、価格が安くなるものの買取相場が低くなります。

中振袖は袖丈が90センチで近年の女性の身長に合わなくなり、以前はお祝いの場に使われていたものの珍しくなっています。

小振袖は袖丈が75センチと短めですが、それゆえにお茶会やパーティーなどでおしゃれを楽しむために使われ人気です。

また、普通の振袖を短く切って作られているため、好みに合わせてアレンジできます。

このため、小振袖は中振袖より需要があるため買取相場も上がる傾向があり、不要になって売りたい場合に考えると便利です。

以上のように、振袖は成人式などお祝いの場に着用しますが、おしゃれを楽しむためにも使われます。

また、テイストや身長、体型に合わせて選び、好みの色や柄にするとおしゃれを楽しめる着物の代名詞的存在と言えるでしょう。

訪問着の買取相場

訪問着は基本的に結婚式や子供の入学式、卒業式などお祝いの場に使われますが、葬儀の際に喪服の代わりに着ることもあります。

このため、既婚で子供がいる女性が着る着物としても有名で、柄付けに特徴があるため華やかさを演出できることが特徴です。

また、裾の縫い目にまたがって柄がつながっているため、制作工程が大変なため価格も高くなります。

しかし、格式は振袖の1つ下になりますが、作るためにある程度の技術力が必要なため買取相場は高めです。

訪問着は結婚式やお茶会などで使われますが、格式は振袖や留袖より下になります。

また、絵柄の代わりに紋を入れると格式が高くなり、着用する場面に応じてすると効果的です。

訪問着の選び方は人それぞれですが、フォーマルな場では柄を大きくし結婚式では吉祥文様、お子様の行事では京友禅にすると良いかもしれません。

また、カジュアルな場では明るい色にするとおしゃれを楽しめ、小物や帯のコーディネートを楽しむと良さそうです。

訪問着は3つの種類があり、袷は気温が高くない時期、ひとえや絽は夏の時期と季節ごとに選ぶ必要があります。

このため、訪問着の買取相場は種類ごとに異なり、業者の査定金額を比較してから決めると良いでしょう。

付け下げの買取相場

付け下げといえば訪問着と同じ格式にある着物ですが、違いといえば肩の縫い目をまたがずにポイント柄が入っていることです。

以前は豪華な印象を控えるように作られ、シンプルなデザインになりつつあります。

このため、付け下げの着用シーンは子供の入学式や卒業式などのセレモニーでは豪華な袋帯、普段着の場合は名古屋帯など合わせるものが変わることが特徴です。

また、カジュアルなシーンや普段着として着ることもあり、その場合は金銀が入っている帯と合わせます。

付け下げとともに履く草履はシーンごとに異なり、セレモニーでは底を厚くし金銀などが入っているフォーマルなものが最適です。

逆に、カジュアルなシーンは底が高くなく、シンプルなエナメルやカレンブロッソのカフェ草履が良いかもしれません。

また、付け下げは訪問着と同じようで実際には以下の違いがあり、模様の入り方、着物の格や着用シーン、値段や価格です。

このため、付け下げの買取相場は訪問着よりも低くなりますが、種類によって値幅が変わってきます。

また、付け下げは着物の初心者におすすめです。なぜなら対応できる場面が多く費用対効果が高く小物や帯と組み合わせておしゃれを楽しめるからです。

浴衣の買取相場

浴衣といえば花火大会などで着るため、気軽に着こなせる着物としても人気で夏の風物詩になっています。

また、浴衣は着物の中でも一番下の格式になるため、価格が安く買取相場も低めです。

このため、結婚式や披露宴などフォーマルな場ではなく、素肌に着るため動きやすくなっています。

最近では、気軽に着れる着物のためそれなりに需要があり、古くなっても買取を強化しています。

また、様々な色があるためおしゃれを楽しむには最適で、若者を中心に人気が高く帯と合わせると個性を出せます。

帯の結び方は「リボンバタバタ結び」が人気で、三重仮紐を使うことが多いですが1本で結べることが特徴です。

浴衣は着物の中でも一番下になり、初心者が帯の結び方や着こなし方などを覚えるために着ると良いかもしれません。

また、様々な色や模様がありおしゃれを楽しめ、おはしょりがいらないため着付けが簡単で初心者向けです。

浴衣は6つの種類があり、綿紅梅、綿麻、綿絽、綿紬、綿縮、縮になりそれぞれの特徴を生かして好みに合わせて選べます。

また、カジュアルな場で着るためにほかの着物のような決まりはなく、価格が安くレンタルでも種類が多く若者に人気です。

着物を高く売りたい方がやるべきこと

着物の女性
着物を高く売りたい方がやるべきこと

着物を高く売るためにはやるべきこともあり、おろそかにすると相場よりはるかに安く値切られて失敗します。

また、着物は様々な要因で査定金額が変動しやすく、どの業者に依頼しても買取価格が同じだと考えてはいけません。

古い着物の買取はリユースやレンタルなど様々な目的で使われ、専門の業者であれば流通経路も豊富にありどのような状態でも売れます。

しかし、リサイクルショップはあくまでも不用品を集めて中古で売るためにあるため、着物やブランド品の買取には向いていません。

このため、着物の買取は専門の業者のみに限定し、それぞれの査定金額を比較してから決めることが王道のやり方です。

ただし、専門の業者に依頼しても必ずしも高く売れるわけでなく、状態や買取方法、需要などで大きく変わります。

着物は高級な生地を使い有名作家が高い技術を駆使して作っていると査定金額も上がりますが、傷んだり汚れているとリユースできる範囲が狭くなります。

このため、基本的な相場から減点方式で査定されるので、少しでもきれいにしてから出すことが大事です。

また、査定担当者は相手が着物に関する知識があるか確かめ、足元を見てから金額を提示することもあります。

着物の状態を整える

最初に高い着物でも汚れていたり破損がひどいと売れないため、きれいな状態にすることは基本です。

このため、タンスや押入れに入れて保管する際には湿気や虫対策が必要で、シミやシワが目立たないようにする必要があります。

汚れやシミ、虫食いなどがあれば良い着物でも査定金額が低くなり、減額方式で積み重なっていくため注意が必要です。

また、着物買取専門の業者の買取方法は店舗に持ち込む方法だけでなく、出張や宅配などにも対応しています。

このため、車やバッグに入れた状態で店舗まで運ぶときにシワが付くか不安になりますが、出張や宅配を利用すると解消できます。

着物が汚れているときはきれいにしたいですが、勝手に判断して洗濯機で洗うと色落ちをすることもあり逆効果です。

このため、着物洗濯に対応する業者に依頼し、ある程度の費用がかかるものの高く売れると逆にお得になります。

着物の買取は専門の業者であれば事前にLINEやメールでの査定もでき、写真で撮影して鑑定士に見てもらうと概算額が分かり便利です。

ただし、実際に依頼すると汚れや破損などがあれば減産方式になるため、なるべく少なくしてから出すようにしないといけません。

着物の買取相場を知っておく

次に、着物の買取相場を知ることは重要であり、おろそかにすると業者に足元を見られて安く値切られることもあります。

着物は同じものであっても業者ごとに提示する金額が変わってくるため、事前に買取相場を確かめてから比較することが重要です。

買取相場はネット上で確かめると分かりますが、実際に複数の業者の内容を比較すると平均値を把握できます

着物は専門的な知識がないと正確な値段を付けにくく、公式サイトで鑑定士の実績や評判を確かめてから依頼することが大事です。

また、着物買取専門業者は査定だけであれば無料になり、相場より安くなるとその場で断ってもキャンセル料金がかからないため安心できます。

このため、着物の買取相場を知ると安く値切られる心配がなく、粘り強く価格を交渉すると効果的です。

査定担当者は相手が着物に関する知識がなければ強気になり、実際の相場価格より安く値切る傾向があります。

このため、着物の買取相場を事前に確かめると業者が提示する金額との開きが分かり、納得できるまで続けやすくなります。

また、買取業者と対等にやり取りできるよう話す内容を準備し、押し切られないようにすると効果的です。

複数の買取業者に査定してもらう

着物の査定金額は業者ごとに異なるため、じっくりと時間をかけて比較することが大事です。

また、複数の業者の査定金額を比較すると相場が分かり、価格交渉すれば有利になります。

しかし、多くの業者の査定金額を比較すると時間がかかるため、リサイクルショップなどを避けて専門の業者に絞ると効果的です。

着物買取専門の業者は査定だけであれば無料になり、キャンセル料金がかからず手軽に利用できます。

しかし、出張買取や宅配買取の場合は返送料やキャンセル料金がかかる業者もあり、比較すると余分な出費が増えるため注意が必要です。

このため、最初にホームページで手数料がかからないか確かめ、複数の業者の内容を比較すると安心できます。

また、業者側は相手が比較していることを知ると安く値切られず、他社よりも条件を良くしようとしてきます。

ただし、時間に余裕がないときは多くの業者の査定金額を比較すると限界があり、おすすめの業者のみにすると失敗を防げます。

このため、着物の買取相場を比較するときは専門の業者に依頼すると知識や実績が豊富な査定担当者が担当し、少なくても失敗するリスクを減らせて効果的です。

着物を売りたい方はおすすめの業者へ

並んだ着物
着物を売りたい方はおすすめの業者へ

着物を売るときはおすすめの業者に依頼すると需要に合わせて査定するため、相場よりはるかに安くなるリスクを減らせます。

また、着物は専門的な知識がないと査定金額が安くなり、リサイクルショップやほかのジャンルの買取を専門とする業者は避けると良さそうです。

おすすめの業者は着物に関する知識が豊富で、複数の買取方法を選べアフターフォローもあります。

このため、複数の業者の査定金額を比較する場合に選択肢を減らせ、引っ越しなどで急ぎのときにも便利です。

また、おすすめの業者はリピーターが多く、利用者からの口コミや評判も良く雑誌やメディアなどで取り上げられています。

着物買取は近年では需要が高く査定金額も上がる傾向があり、最適なタイミングで売ると効果的です。

しかし、相場よりもはるかに安く値切ってから高く売って利益を確保しようとする業者も多く、高価買取などをうたい文句にする傾向があります。

このため、着物買取業者をきちんと見抜かないと失敗するため、おすすめの業者を探して依頼すると良いかもしれません。

また、おすすめの業者は公式サイトの内容が充実し、メールや電話で問い合わせができるため初心者でも安心して依頼できます。

まずはバイセルの無料査定から

着物買取といえば多くの業者がありますが、中でもバイセル専門の鑑定士が査定を担当します。

このため、需要に応じて最適な鑑定額を出してくれるため、安く値切られる心配もありません。

また、着物は状態が悪いと多くの業者ではお断りされますが、バイセルはこのようなことがなく丁寧に査定するため安心です。

バイセルの買取方法は店頭だけでなく、出張や宅配にも対応し1点から多数まで幅広く買い取っています。

このため、自宅で使わなくなった着物があれば処分するともったいないため、バイセルで査定してみるといかがでしょうか。

バイセルは査定だけでなく出張や宅配、キャンセルは無料でできるため、着物の価値を確かめて気軽に依頼すると良いでしょう。

\ 詳しくはこちら /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次