着物の宅配買取をくわしく紹介!特徴や他の方法との違いを解説

スマホを見る着物の女性

着物買取は専門の業者を選ぶと安心して依頼でき、店頭以外に出張や宅配など好みに合わせて選べます。

中でも宅配買取は自宅から店舗まで遠いときに便利ですが、どのようにすれば良いか分からなくて困っている人も多いと思います。

この記事ではそれぞれの買取方法との違いを解説し、出張買取のメリット・デメリットを解説します。

また、宅配買取は注意点もあるため事前に確かめ、どのような人が向いているか把握してから依頼することが大事です。

そのほか、宅配買取の流れをくわしく紹介し、すべきことを確かめればスムーズにできます。

着物買取で宅配買取を選ぼうと考えている人はこの記事を参考に、なるべく高く売れるようにすると良いと思います。

目次

着物の宅配買取とは?

箪笥から着物を取り出す女性
着物の宅配買取とは?

着物買取は業者ごとにそれぞれ方法が選べますが、中でも宅配買取は売る着物を箱に詰めて業者に送って査定してもらう方法です。

このため、自宅の最寄りの店舗がなくても業者の対応エリアなら利用でき、わざわざ着物を持ち運ぶ必要がありません。

しかし、着物を梱包してから送るため、シワができると査定金額から減額され慎重にする必要があります。

着物の査定は業者に梱包した箱が到着してからであり、遠方から利用すると時間を要することになります。

このため、査定金額をすぐに受け取れずにある程度の時間がかかり、店舗のスタッフと顔を合わせないため金額交渉が難しくなります。

着物を梱包して送るときは自宅に配送業者が訪問する方法が一般的で、連絡してから自宅で待機して出すだけで済みます。

しかし、業者によってはコンビニや運送業者に持って行く必要があり、場合によっては送料など手数料がかかることもあります。

そのため、宅配買取は着物を梱包して送るだけのため便利だと思われますが、業者の公式サイトで流れを確かめて依頼することが大事です。

しかし、査定担当者と対面せずに利用できるため、人と会うことが苦手な場合には最適だといえます。

出張買取との違い

出張買取は業者のスタッフが自宅に訪問し、その場で着物を査定して内容に納得すると現金と交換できます。

宅配買取との違いは業者のスタッフとの対面の有無で、出張買取はコミュニケーションができます。

しかし、近年では対面したくないと考える利用者が増え、人と話すことが苦手であれば最適な方法です。

ただし、着物は査定担当者によって提示される金額が変わってきますが、宅配買取は対面しないため交渉や相談ができず結果を待つだけになります。

出張買取は事前に予約する必要があり対応エリアも限定されるため、業者のスタッフの都合が合わなければできないなど希望どおりにならないこともあります。

しかし、宅配買取は全国対応で地域を気にせずに利用でき、梱包した着物が届いてから査定するため便利です。

ただし、着物を梱包するキットが届くまでは申し込んでからある程度の日数がかかり、それから業者に送るためさらに時間を要します。

査定金額は出張買取であれば最短でその場で受け取れますが、宅配買取だと梱包した着物が到着してから数時間後です。

このため、今すぐに現金をもらいたいと考えているなら別の方法を選び、時間に余裕があるなら最適だといえます。

店舗買取との違い

次に、店舗買取は店頭でスタッフが着物をお預かりし、すぐに査定して内容に納得すると現金と交換できます。

しかし、店舗が自宅から離れていると交通費がかかり、査定中に結果が出るまで待つことになります。

また、事前に予約しないと先客がいると終わるまで待たないといけないため、急ぎの場合に対応できなくて不便です。

一方の宅配買取は店舗に行くための移動時間や査定中の待ち時間が不要で、梱包して着物を送るだけで済みます。

ただし、公式サイトで申し込みをしてから梱包キットが届いてからになるため、それまでにかかる時間も考えないといけません。

また、着物にシワをつけないようにするため梱包の手間がかかることや、業者に届いてから査定結果の連絡があるまでに時間を要します。

宅配買取の場合は査定結果に納得し成約すれば数日後に指定した銀行口座に振り込まれますが、逆にキャンセルすると返送料がかかる場合もあり注意が必要です。

しかし、換金を急いでいないならスキマ時間にできるため、仕事が忙しくて店舗に行く余裕がない場合に最適だといえます。

また、店頭買取は営業時間外に行っても対応していないため、時間が合わないと利用できません。

着物の宅配買取のメリット

スマホを持った着物の女性
着物の宅配買取のメリット

着物の宅配買取のメリットは箇条書きにすると以下のようになり、該当していれば迷わずに選ぶと良さそうです。

着物の宅配買取のメリット
  • 忙しくても申し込めること
  • 査定担当者と対面しないで済むこと
  • 店舗のように対応エリアが制限されないこと
  • 買取業者の選択肢を増やせること

最初に、仕事が忙しくて店舗に行く時間の余裕がない場合に最適で、自宅に梱包キットが発送されるとすぐに着物を入れて送るだけでできます。

また、配送業者が自宅に訪問してくれるため、都合がつく時間に渡せば良いだけであり自宅で完結できて便利です。

次に、査定担当者と対面せずに済むことで、自宅によそ者を入れたくないときや人見知りの場合にも安心できます。

最近では押し買いなど訪問買取におけるトラブルも多く、発生するリスクを回避できて安全です。

次に、宅配買取は全国対応のため、自宅から店舗が離れていても関係なく利用できます。

最後に、選べる業者の選択肢を増やせることがあり、全国対応のため店舗が遠くても好みに合わせて選べて便利です。

また、近くに大手の着物買取専門店がなくても良いため、最適な業者を選びやすくなります。

着物の持ち運びをする必要がない

最初に、宅配買取は着物を箱に詰めて送るだけになり、わざわざ店頭に持ち運ぶ必要がありません。

また、着物は車またはバッグなどに入れて店舗まで運ぶと振動でシワができやすく、高い価値があっても査定金額から減額されてしまいます。

このため、宅配買取にすると梱包が必要ですが、業者が自宅まで取りに来るとそのまま渡すだけで済むため便利です。

しかし、梱包の際に着物を押しつぶすとシワができてしまうため、平らな場所に置いて蓋を閉じる際にも余裕を持たせる必要があります。

また、着物の数が増えると持ち運ぶと重くなりますが、宅配にするとそれぞれのサイズに合わせて最適な箱を準備してくれるため中に入れるだけです。

着物は洋服と違ってかさばりやすいため、量が多くなると持ち運びにくくなります。

しかし、宅配買取であればこのような心配がなく、運ぶ際に汚れや湿気が付かないため安心です。

対面でやり取りしなくても良い

次に、対面でやり取りをしないで済むため、自宅によそ者が来ると都合が悪い場合などに最適です。

また、最近では新型コロナウイルス感染症の影響で宅配買取の需要が高く、人と接することに抵抗がある場合にも安心できます。

そのほか、査定に対して質問しても文句を言われることや、対応が悪いスタッフと対面して気分が悪くならなくて済みます。

最近では訪問買取におけるトラブルも発生し、電話やメールでは丁寧な対応ですが顔を合わせると高圧的になるケースが多く注意が必要です。

宅配買取は人と接することに不慣れな人や苦手な人には最適で、気分を害することもありません。

また、自宅に子供やペットがいることや貴金属を飾っている場合にも最適で、知らない人を自宅の中に招き入れたくない場合に最適です。

時間にゆとりを持って買取してもらえる

次に、宅配買取は出張買取のように日程を合わせる必要がなく、梱包キットが発送されて箱に詰めて送るだけで査定結果を連絡してもらえます。

また、店舗買取は自宅から店舗までの移動時間や交通費がかかり、店舗に着いても先客がいると待たされます。

その後、査定の間も待たされるため、近くにショッピングなどで時間をつぶせる店がないと不便です。

このため、余分な時間を取られることにストレスを感じることや、仕事が忙しくて余裕がない場合に宅配買取は役に立ちます。

宅配買取は梱包の際に手間がかかりますが、慣れるとすぐにできて業者に取りに来てもらうと効果的です。

このため、ほかの買取方法と比べると取られる時間が短くなり、ほかの業務に集中しやすくなります。

また、自宅が大都市ではない地域にあれば店舗が遠く出張買取のエリア外になり、宅配買取のメリットを活かせて便利です。

着物の宅配買取のデメリット

着物
着物の宅配買取のデメリット

着物の宅配買取はメリットだけでなくデメリットもあり、自分に合った方法であるか確かめる必要があります。

デメリットは以下の3つがありますが、該当していれば別の方法を選ぶよう検討すると良さそうです。

宅配買取のデメリット
  • 査定までの時間が長い
  • 買取キャンセル時に返送料がかかる場合もある
  • 買取査定が安く見積もられる場合もある

また、着物は価値を出しにくいがゆえに相場も分かりづらく、宅配買取にすると不安になることもあります。

このため、初心者であれば以下のデメリットを把握しないと失敗するリスクがあり、最初のうちは店頭買取にすると良いかもしれません。

宅配買取のデメリットはほかの方法ではメリットになるため、比較してから選ぶことが大事です。

このため、メリットとデメリットの両方に該当しているならほかの方法と比較し、失敗しないようにしましょう。

査定までの時間が長い

宅配買取のデメリットは査定が完了するまで時間が長くなり、急ぎで換金したい場合に向いていない方法です。

基本的に、宅配買取の流れは最初に公式サイトで申し込み、梱包キットが発送されるまで2〜3日かかります。

その後、すぐに着物を箱に詰めて送ると店舗に到着するまで2〜3日間かかり、それからスタッフが査定して結果を連絡するため最低でも1週間は必要です。

また、査定結果が出ても希望額よりはるかに安いとキャンセルできますが、やり直すと他社でも最低でも1週間かかります。

ちなみに、査定金額は銀行口座に振り込まれる方式であり、査定結果のメールまたは電話を受けて2営業日後になり最短でもすべて完了するまで10日程度要するため不便です。

このため、金銭的に余裕があり急ぎでなくても良い場合にしか利用できず、ほかの方法のように最短で即日に換金できるわけではありません。

買取キャンセル時に返送料がかかる場合もある

着物買取は選ぶ業者や買取方法で同じものでも査定金額が大きく変わりやすく、相場よりはるかに低くなるケースもあります。

この場合はキャンセルしたくなりますが、宅配買取の場合は送料がかかっているため返送料を負担しないといけないため注意が必要です。

また、返送料は遠距離であれば非常に高くなり、他社と査定金額を比較して差額より多くなれば赤字になります。

この返送料は店頭買取や出張買取ではありませんが、宅配買取にはついて回るため事前に確かめて依頼することが大事です。

ちなみに、査定料、出張料、キャンセル料無料などをアピールしている業者が多いですが、逆に返送料は有料になり高く設定していることもあります。

このため、宅配買取を選ぶときはキャンセルしないことを前提として考え、口コミや評判などを確かめると良さそうです。

また、査定担当者と対面でやり取りすることがないため、クレームなどを言われないがためにキャンセルを狙い安い金額を提示することもあります。

買取査定が安く見積もられる場合もある

宅配買取は査定担当者と顔を合わせる必要がなく、自宅に招き入れたくないときや人と接することが苦手な場合も安心できます。

しかし、査定金額の交渉や反論できないため、このような状況をいいことに安く値切る査定担当者も少なからずいることが現状です。

このため、査定金額には不透明性があり、メールや電話で金額だけ伝えられることもあります。

また、査定金額に対して不満があっても査定し直してもらえないため、キャンセルするしか方法はありません。

この際に返送料がかかり他社と比べて差額が小さいと損をする羽目になり、キャンセルしないことを前提として依頼することが大事です。

宅配買取は業者側が梱包キットを準備し発送することや着払い送料が必要になり、査定金額からちゃっかり差し引いていることもあります。

このため、「査定料、送料、キャンセル料すべて無料」とアピールしている業者でも、かかった費用を査定金額から差し引いた金額を提示することも多く注意が必要です。

着物の宅配買取をおすすめできる人

着物の女性
着物の宅配買取をおすすめできる人

着物の宅配買取は以上のようにメリット・デメリットがあり、それぞれの内容を比較したうえでおすすめの人は以下のようになります。

着物の宅配買取をおすすめできる人
  • 仕事やご家庭などで忙しい方
  • 近くに着物の買取店舗がない方

宅配買取は自宅にいながらにして手続きができ、なおかつ人と接することがなく話すことが苦手な場合に便利です。

また、わざわざ店舗に行く必要がなく、限られた時間をうまく使うには最適だといえます。

このため、以下の条件に該当しているなら宅配買取を選ぶことがおすすめですが、高く売ったり急いで換金したい場合は避けたほうが良さそうです。

宅配買取は店舗がない業者がすることもあり、店舗設置費用をなくすことで高価買取を実現しています。

しかし、このような業者は宅配買取しか選べないため、査定金額が安いなどトラブルが起きても対処できないため注意しましょう。

仕事やご家庭などで忙しい方

宅配買取の特徴はスキマ時間に手続きができるため、仕事や家庭の家事、育児などで忙しい場合に最適です。

一方の店頭買取はわざわざ店頭まで行く必要があるため、自宅から遠いと時間や交通費がかかります。

また、店舗が近くても小規模な店であればスタッフが少なく、行っても待たされることも多く査定が完了するまで時間がかかり無駄になるため逆効果です。

しかし、宅配買取であれば梱包キットが自宅に届くとそのまま箱に詰め、着払い伝票を記入しテープで固定するだけで在宅中の時間に業者に取りに来てもらえます。

このため、仕事が忙しくて在宅時間が短いことや、子供がいるため育児や家事でいっぱいいっぱいのときに利用すると便利です。

また、店頭買取は営業時間内でなければ対応してもらえないことや、出張買取は対応する時間やエリアが限られています。

しかし、宅配買取であれば時間を気にせずにできるため、不要な着物を処分したい場合に気軽に選べて効果的です。

近くに着物の買取店舗がない方

また、近くに着物買取業者の店舗がない場合にも宅配買取がおすすめで、なぜなら全国対応のためエリアが広いからです。

着物買取専門店は大都市に店舗が集まっていますが、そのほかの地域になるとほとんどありません。

宅配買取は不要な着物を箱に入れて出すだけで手続きが完了し、全国対応であれば場所を気にせずに利用できます。

また、店舗が遠くにあると着物を運ぶために労力や時間がかかり、移動中にシワができるなど傷んでしまうこともあります。

着物は特殊な生地や染め方で作られているため、傷んだり色落ちがあれば査定金額も低くなります。

最近では、店舗を設けない着物買取専門業者があり、宅配買取または出張買取に限定されますが運営コストを削減し高く売れることが特徴です。

また、店舗の運営には多くのコストがかかるため、近年では数を減らし自宅から遠くなる可能性もあります。

しかし、宅配買取があれば店舗の場所に関わらず気軽に依頼でき、多くの業者の内容を比べて選べて便利です。

着物の宅配買取業者おすすめ3選

たくさんの着物
着物の宅配買取業者おすすめ3選

着物を宅配買取するときは業者ごとの特徴を比べ、少しでも高く売れるように決めたいものです。

宅配買取は着物を運ぶ手間がかかりませんが、実際には査定以外にも送料や梱包キットの費用がかかっています。

また、査定金額に納得できないためキャンセルすると返送料がかかり、他社が提示した金額より大きくなると逆に損するため逆効果です。

このため、業者のホームページを確かめ、査定料、出張料金、キャンセル料、宅配費用が無料であるか確かめる必要があります。

以下のおすすめの業者は知名度や顧客満足度が高く、宅配買取にも対応し着物の買取実績が豊富です。

しかし、送料またはキャンセル料、返送料がかかっても高く売れれば損することがなく、なるべくキャンセルしないようにすると満足できます。

宅配買取を依頼するときは電話対応や査定が完了し換金するまでに要する時間を比較し、1円でも高く売れるようにしましょう。

バイセル

バイセルは運営会社が3年連続で価格満足度1位を獲得し、店頭と出張以外にも宅配買取も取り扱っています。

このため、規模が大きい会社で着物の買取実績が豊富で、1400万点以上もあり古くて傷んでいて他社で買い取れないものも扱うため便利です。

コールセンターはフリーダイヤルで24時間365日受け付けているため、疑問点があればすぐに聞くこともできます。

また、店舗の数も多いですが大都市を中心に展開し、居住地によっては遠くなるため宅配買取を選ぶと効果的です。

バイセルは買い取っているものの種類が多いですが、着物に関しても力を入れ高価買取を期待できます。

このため、初心者にも安心して利用しやすい業者であり、不要な着物を売るには最適です。

福ちゃん

次に、福ちゃんはピンク色の「福」マークが特徴の買取専門店で、「着物買取なら福ちゃんだね」とアピールするほど着物の買取に力を入れています。

また、着物以外にもブランドや古銭、骨董品、切手なども取り扱い、きちんと価値を見抜ける実績ある鑑定士が在籍しているため安心です。

宅配買取は事前に相場が分からないと不安ですが、福ちゃんではウェブやLINEで写真を送ると査定金額を提示してくれます。

また、丁寧な電話対応のため初心者でも気軽に相談しやすく、利用者の口コミや評判が良くて顧客満足度が高いことが特徴です。

宅配キットや送料はすべて無料になり、ホームページでも「カンタン、らくちん宅配買取をどうぞ」と案内しています。

ザ・ゴールド

ザ・ゴールドは直営店が77店舗あり、2020年にマーケティングリサーチで以下の3つの部門で日本一です。

3つの部門は「友人におすすめしたい買取専門店」、「安心して自宅に呼べる出張買取サービス」、「終活・生前整理、遺品整理もできる買取専門店」で、一つひとつの着物を丁寧に査定してくれるため安心できます。

このため、着物の買取実績が豊富で高い査定金額を期待できるため、不要な着物を売るには最適です。

また、ホームページで着物の種類ごとの相場の金額や買取実績を紹介し、鑑定は有資格者がするため安心できます。

査定金額は国内外に独自ルートを確保しているため適正な数値を出しやすく、他社のように安く買い叩かれる心配がなく安心です。

着物の宅配買取の流れ

和服を収納する様子
着物の宅配買取の流れ

着物の宅配買取がはじめての場合は以下のステップがあり、手順通りにすると自宅にいながらにしてスムーズにできて便利です。

着物の宅配買取の流れ
  1. ホームページから申し込み
  2. 着物専用の宅配キットが届く
  3. 着物の梱包や書類をまとめる
  4. 宅配キットを業者に発送
  5. 業者での査定
  6. お金の振り込み

しかし、それぞれの工程において注意すべきこともあり、間違えると査定金額が下がることもあります。

宅配買取はほかの方法と違いキャンセルすると返送料がかかるため、なるべく失敗をしないよう業者を選ぶことが大事です。

また、申し込んでから査定金額を受け取って完了するまでに時間がかかり、きちんと確かめておかないと損をすることになります。

着物の宅配買取は査定担当者と会う必要がありませんが、本人確認のため着払い伝票とパスポートや運転免許証など写真付きの身分証明書が必要です。

古い着物は状態や需要によっては買い取ってもらえないこともあり、その際に返送してもらうと費用がかかり事前に処分してもらえるか確かめないと逆に損することになります。

ホームページから申し込み

最初に、申し込みは着物買取業者のホームページまたは電話でしますが、着物の種類や状態、付属品の有無をきちんと報告する必要があります。

なぜなら、買取条件が求められることや送りやすくなるように梱包キットを準備するためであり、出す前にすぐに答えられるようにすることが大事です。

申し込み方法はWEB上のフォームであれば24時間365日対応ですが、電話は店舗の営業時間内に限定されます。

着物専用の宅配キットが届く

次に、業者から梱包キットが送られてきますが、基本的にガムテープ、ダンボール、買取依頼書、着払い伝票があります。

しかし、業者によってはダンボールを準備するように指定することもあり、出す着物のサイズに合わせてシワができないようにすることが大事です。

また、申込みをしてから届くまでの日数は3日程度になり、急ぎの場合には向いてないと考えなければなりません。

着物の梱包や書類をまとめる

次に、着物の梱包や書類をまとめますが、着払い伝票に自宅の住所と名前を記入し身分証明書のコピーを同封します。

また、着物の梱包はシワや湿気がつかないよう注意し、きれいな状態で査定してもらえるようにすることが大事です。

同封する申込書は空白がないよう必要事項をすべて記入し、不備があれば再確認のため時間を要することになります。

宅配キットを業者に発送

着物を箱に詰めて発送しますが、配送業者が自宅に回収するために訪問するか自分でコンビニなどに持って行く方法になります。

前者の場合は電話で自宅にいる日時を伝えると渡すだけですが、出しに行く場合は近くのコンビニがあるか確かめることが大事です。

ただし、発送してから業者に届くまでには3日程度になり、利用者が集中する繁忙期は延びることもあります。

業者での査定

梱包して発送した着物は業者に届いてから査定になりますが、店頭と同様に結果が出るまである程度の時間がかかります。

査定結果はメールまたは電話で報告があるため、事前に相場を確かめて納得できなければキャンセルするよう考えておくと良いかもしれません。

お金の振り込み

査定結果はメールまたは電話で案内があり、了承することを伝えると成約になります。

その後、発送する際に申込書に記入した銀行口座に振り込まれますが、成約してから2営業日などある程度の日数がかかります。

また、買取金額に納得できなければキャンセルになりますが、返送料がかかるため他社と比べて損しないか確かめて判断しないといけません。

着物の宅配買取まとめ

訪問着の女性
着物の宅配買取まとめ

着物の宅配買取は非対面式のため、人と会うことが苦手な場合でも安心して依頼できます。

しかし、査定金額を受け取るまでには申し込んでから1週間から10日後になるため、急ぎの場合には対応できないことが難点です。

また、着物を箱に詰めて送るときは隙間ができるとシワや湿気が入り、思った以上に査定金額が安くなってしまいます。

査定金額に納得できなければキャンセルしますが、返送料がかかり逆に損するリスクもあり注意が必要です。

着物の宅配買取にはバイセルがおすすめ

着物を宅配買取するときはバイセルがおすすめで、運営会社が上場企業のため安心して依頼できます。

このため、はじめて着物を宅配買取するときはバイセルで査定金額を確かめて、他社と比較する方法がおすすめです。

ただし、キャンセルすると返送料がかかるため、事前にメールで写真を送って概算額を確かめて依頼すると良いかもしれません。

\ 詳しくはこちら /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次