なぜ着物買取は安くなるのか?がっかりしないよう対策を解説!

着物

着物は状態が悪くて古くても需要があり、不用品回収の際に買い取ってもらうと現金と交換できて便利だと思われます。

しかし、実際には予想よりはるかに安い金額を提示され、愛着がある着物ならショックを受けるものです。

また、着物の査定金額は業者側が買い取ってリユースやレンタルなどで使いますが、どの程度再利用できるかで判断します。

このため、思い描いていたイメージとは異なることもありますが、このようなギャップを防ぐためには着物に関する知識をつけることが大事です。

大切な着物の買取金額は相場の金額を確かめなければ適切な額であるか判断できないため、他社よりも安く値切られて後悔しないよう下がる要因を把握してから売りましょう。

目次

着物の買取価格が安いと感じる理由 

涙をふく女性
着物の買取価格が安いと感じる理由 

実際に古い着物を業者に査定してもらうと提示された金額が安く、がっかりすることも多いかもしれません。

しかし、そのまま了承して手放してしまうと他社のほうが高く売れていたなんてこともあり、後悔することになります。

このため、着物の買取金額がどの程度の相場になるのか確かめ、査定結果だけで安いと思い込まないようにすることが大事です。

着物はブランド品と同じく有名な種類であればある程度高く売れると思われがちですが、査定金額は需要に応じて決められます

このため、販売価格を基準に買取額をイメージし、実際に査定してもらうと出された金額に対して安すぎると感じるものです。

自宅で着ないまま保管している着物は売ると現金と交換できますが、思っているほど高くないためがっかりすることもあります。

この記事では着物買取が安くなる主な事例を紹介しますので、該当している項目があれば改善すると高く売れる可能性がありますので、あきらめないようにしましょう。

購入時とのギャップを感じるため

着物は新品で買えば価格が数十万円になり高価なものだと思われがちですが、古くなれば状態や経過する時間とともに価値が下がります

しかし、価値がどのように下がるか予測できないため、着物買取業者に査定金額を提示されて予想よりはるかに安すぎて驚くものです。

中古の着物は一般的には古着と同じ扱いになり、誰かが袖を通した時点で新品より価値が下がってしまいます。

基本的に、中古の着物の買取額は販売価格の5%程度と言われ、実際に使った期間が短くても安くなるものです。

また、着物は何度も繰り返して着ると生地が傷むことや、保管方法によっては色が落ちるため状態が悪いと売れないと判断されます。

着物の査定は同じものでも査定士ごとに変わってきますが、知識や実績がなければ価値が分からないため業者の利益を確保するため安く提示せざるを得ません。

このため、購入時の価格を鮮明に覚えていても証明するものがなければ安い着物だと相手に判断され、その金額をベースにされます。

しかし、購入した店舗名や販売価格、日時が証明できるものがあれば着物と一緒に提示すれば高く売れ、査定結果にギャップを感じなくなります。

また、査定する側は証明書がないと着物の価格が分からないため、そのときの需要に応じて金額を提示するしかありません。

このため、自分が高く売れると思っていても査定する側は価値がないと判断し、査定結果に大きなギャップが生まれます。

着物の査定金額があまりにも安いと感じたらキャンセルできますが、買取方法によっては返送料など費用がかかります。

また、このようなギャップを解決できないままキャンセルを続けると費用がかかり、自分が損することになるため注意が必要です。

着物の需要が減っているため

最近では着物の需要が大きく減っているため、買取価格にも反映されています。

着物買取は中古品としての販売やリユース、レンタルなどを目的とし、そのときの価値に応じて決められるものです。

このため、需要そのものがないと購入時の価格は関係なく、思った以上に査定金額が低くなる傾向があります。

また、着物市場のデータにもデータがあり、1989年は1.5兆円の規模がありましたが30年後には2,800億と当時の20%を下回っています。

最近では生活様式も大きく変わり、着物を着る人を見ることも珍しくなり需要があまりありません。

ほかにも、着物は非常に価格が高く購入する人は少なくなり、専門店の需要がなくなり閉店が続いています。

このため、買取業者を通さずにメルカリやオークションなどで転売する人が多く、流通量も少ないため買取相場は以前より安くなるものです。

そのほか、最近の女性の身長が伸びているため、着物が多く作られた当時のサイズに合わなくてそもそも需要がありません。

着物の買取はあくまでも需要に応じてするため、近年では専門店や製造業者の閉店も多く厳しい状況です。

また、わざわざ着物を購入しなくても成人式や結婚式など必要な時期に限定し、レンタルで済ませてしまう人も増えています。

これが、レンタルであれば何度も繰り返して使えるため必要な数も限られ、着物買取の需要が下がる主な要因です。

最近ではリサイクルやエコなど循環型社会に変化しつつあり、物価の高騰などでお金の余裕がある人も減り消費量も減っています。

以上のような時代の流れもあるため着物の需要が下がり、予想以上に査定金額が安くなる傾向があります。

着物の価値を正当に見極められる業者が少ないため

着物はブランド品と同じである程度の知識がないと正当な価値を出しにくく、専門の業者でなければ安く値切られる傾向があります。

最近では着物の需要が下がっていることや製造元の後継者不足などがあり、専門的な知識を持つ人が減っています。

ちなみに、着物の買取は専門店以外にブランド買取業者、リサイクルショップなどもあり、不用品回収で買い取ってもらえて便利です。

しかし、リサイクルショップはあくまでも店舗のマニュアルにしたがって査定され、着物以外のものをメインに買い取っているため専門店より低くなります。

そもそも、リサイクルショップには着物に関する知識がまったくないスタッフが多く、重さや見た目だけで査定するためどうしても安く値切られてしまいます。

また、買取業者の中には許可なしで営業し高く買うことをアピールしますが、実際には不当に金額を下げて転売で利益を得るケースもあり注意が必要です。

着物は歴史が長く昔から続く製法がありますが、最近では購入して着る代わりに古いものを必要な時期に限定してレンタルする人が増えています。

このため、着物専門店は近年では店舗数を大幅に減らしているため、的確な査定ができる鑑定士も少ないことが現状です。

着物の鑑定は専門的な知識がないと困難であり、適切な査定金額を出せなくなっています。

このため、二束三文の買取額を提示されやすくなり、事前に相場を調べておかないと了承するしかありません。

また、着物買取業者のホームページを見ると着物の買取実績が写真つきで紹介されていますが、あくまでも状態が良かった場合で実績がある鑑定士が担当したものです。

買取業者は中古で再販してある程度の利益を出さないと運営できないため、需要やトレンドに合わせた査定金額から状態によって減算していきます。

さらに着物の買取価格が安くなる原因 

縮緬の着物
さらに着物の買取価格が安くなる原因 

着物の買取価格が安くなるには理由があり、事前に理解せずに業者に査定を依頼すると二束三文になります。

このため、着物を高く売りたい場合はそれぞれの理由を確かめ、改善点を探すことが大事です。

着物買取の目的はは中古として売ることやレンタル、寄付など様々な目的ですが、購入時は価格が高くても価値がないと判断されればそれまでになります。

着物は特殊な素材を使い独特な製法で高級品と思われがちですが、時代とともにニーズや需要が変わるため低いと買取価格も安くなるものです。

また、特殊な素材を使っているため湿気や汚れなどで傷みやすく、状態が悪くなるとリユースもできなくなります。

着物はブランド品と同じく専門的な知識がないと適正な金額を出せなくなり、近年では数を減らしているため厳しい現状です。

また、査定金額が安くなることが不安なら店頭で査定士と相談し、ダメ出しがあれば聞いてみると良いかもしれません。

しかし、以下で紹介する要因に当てはまっていないか確認しないと意味がなく、あれば改善してから出すと良さそうです。

ただし、近年では着物の流通や需要が下火になりつつあり、不要になればすぐに出すようにしないといけません。

保存状態が良くない

着物は保存状態が悪いとシミ、シワ、汚れ、虫食いなどが目立ち、リユースが難しくなり査定金額にも響いてきます。

このため、少しでも高く売るためにはタンスや押し入れなどで専用のカバーをかけ、シワにならないようにハンガーを使って収納すると効果的です。

しかし、古い家になると外から湿気が入りやすくなり、乾燥剤または除湿剤を使うか温度が変化しないようにする必要があります。

査定担当者は中古としてどの程度の価値で売れるか確かめますが、相手の立場で買いたい着物がどのようなものであるか考えて保存状態を良くすることが大事です。

また、湿気が原因で色が落ちることやカビが発生しやすくなり、高級な生地を使っていても価値が大きく下がってしまいます。

保存状態を良くするためには湿気や虫食いを防ぐよう場所やレイアウトを工夫し、不快なにおいを出さないよう消臭剤を添えると効果的です。

また、保存状態に不安があれば着物クリーニングを利用し、湿気や虫食いを防ぐと高く売れる可能性があります。

着物の素材価値が低い

着物の価値はブランド品と同じく素材や製法などで決まるため、安物の生地であれば低くなります。

また、着物は見た目は高級感があるデザインでも実際に安価な素材で作られていることもあり、購入時の価格が高くても安く査定されます。

素材の中でもウールポリエステルの場合は非常に安く値切られやすく、最悪のケースとして買い取ってもらえないこともあり注意が必要です。

有名な作家が手がける着物はブランド力があり、証明できるものを添えていると高くなりますがなければ断定できないため安くなります。

着物は素材以外にも作家や製法、産地などで価値が変わってくるため、事前に相場を確かめると良いかもしれません。

しかし、特殊な素材を使っている着物は保管方法が悪いと無価値になり、不要になって売ろうと考えているときは慎重にする必要があります。

また、購入した当時は高価な素材でも時間が経過すると需要がなくなるケースも有り、最適なタイミングで売らないと査定金額が低くなる傾向が強いです。

着物自体が古い

着物の価値は衣類に分類されるため、古くなれば生地が傷むため価値が下がります。

また、着物の流通金額は30年前と比較しても20%を下回り、わざわざ新しく購入する必要がないと考える人も多くいます。

このため、着物の需要が下がり専門店や製造工場などの数が大幅に減り、新しいものは非常に少ないです。

着物が多く作られた時期は50年前のブームの頃であり、自宅で先祖の時代から保管しているものもかなり古くなっています。

基本的に、着物は購入して10年以内が買取の目安になり、需要と供給のバランスで査定金額を出す仕組みです。

しかし、10年以上経過すると中古で再販しても買い手がつかないことや、リユースすると費用がかかるため逆効果になります。

ただし、有名な作家が作ったものレアなデザインであれば古くてもそれなりに査定金額が高いですが、現在ではかなり珍しいケースです。

このため、着物自体が古いと需要がないため、どうしても査定金額が安くなってしまいます。

着物のサイズが小さい

着物は良いものであっても体のサイズに合わないと意味がなく、ブームの頃に作られてから半世紀以上も経過しています。

この間に日本人の平均身長も伸びつつあり、男性は6センチ、女性は5センチ位です。

このため、当時の体のサイズに合う着物は現在では合わなくなり、高級なものでも需要がなくなるケースもあります。

最近では着物の需要が下がり製造元や専門店の数が大幅に減っているため、現在の人の体型にあったサイズのものも限られています。

着物は特別なときに着用するイメージがあり、販売価格も高いため安易に購入できるものではありません。

また、現在では着物のように古い伝統のものは人気がなく、若い世代の人も興味を示さなくなっています。

以上のような時代背景もあり、最近では着物の製造自体も少なくなっているため、現在の人の体型に合うものも限られます。

このため、買い取っても着る人が少ないため、査定金額が下がる仕組みです。

証紙・落款がない

着物は購入するときにいくら価値が高い種類やブランドのものでも、証明できなければ通常のものと同じだと扱われます。

このため、相場より査定金額が大幅に安くなり、大きく損することになるため証明できるものを添えることが必要です。

人気の作家が作った着物は必ず証紙落款がついているため、不要になって高く売りたい場合は汚さないように保管する必要があります。

証紙や落款は着物では身分証明書のような役割があり、なければ断定できないため通常のものと同じように扱われ二束三文の査定金額になりやすいです。

証紙着物の製造元が明記された布であり、文字が見づらくなったり破れていると査定金額も安くなります。

また、落款着物に押された印鑑のようなものであり、長く着たりきれいにするため洗うといつの間にか落ちて分かりづらくなるものです。

このため、着物を安く売りたくない場合は証紙や落款を確かめ、どのような種類であるか分かりやすくする必要があります。

着物の買取価格を高くするコツ 

箪笥から着物を取り出す女性
着物の買取価格を高くするコツ 

着物の買取金額は高くするコツがあり、以下のポイントを押さえると二束三文になることを防げます。

このため、愛着がある着物を安く手放さないよう予備知識をつけ、査定担当者にきちんとアピールすると効果的です。

着物買取業者は着物を買い取ってから再利用するため、査定はそれができるかどうか判断して決めます。

また、商品にならない状態であればそもそも買取しないため、0円と提示されるか拒否されるかです。

しかし、古くても証紙や落款があれば価値を証明できるため、査定金額が上がる可能性があります。

着物のニーズは一年の中でも高い時期もあればその逆もあり、査定金額も大きく変わってくるものです。

このため、不要になってすぐに売ろうとしても需要がないと二束三文になり、最新の動向を確かめないといけません。

また、査定料金が無料であれば確かめてから高く売れる可能性がありますが、納得できないためキャンセルし続けると返送料など余計な出費が積み重なり逆効果です。

着物の査定は同じものでも担当者によって結果が変わってくるため、じっくりと時間をかけて比較しないと高く売るチャンスを逃してしまいます。

着物を綺麗な状態に保つ

着物は古くてもきれいな状態であれば高く売れるため、汚れがあればクリーニングに出すと効果的です。

ただし、着物のクリーニングは専門の業者でなければ落とせない汚れもあり、生地が傷むと逆効果になり普通の店を利用しないようにする必要があります。

また、着ないままで長く保管する場合はシミやシワ、湿気や虫食いを防ぎ、タンスや押入れなどに入れる際には注意が必要です。

着物クリーニングはそれなりに費用がかかるため、査定金額が見合うかどうか確かめないといけません。

高価な着物は状態によって買取金額に大差がありますが、逆に安いとクリーニングに出してもそれほど査定金額が上がらず逆にマイナスになります。

また、着物は外見が重要になり色が落ちると価値がなくなり、査定金額が大幅に安くなるため注意が必要です。

以上のように、着物を高く売りたい場合は色が鮮明であり、かつ新品と同じように見せるようにしないといけません。

着物のニーズが高い時期に買取してもらう

次に、査定金額はニーズに合わせて決められるため、着物も需要が高い時期を把握して売ることが大事です。

着物の需要が高い時期は成人式、卒業式、入学式などがあり、1月、3月、4月になります。

また、結婚式が多い6月あたりも需要がありますが、近年では洋服を着るようになったため以前のように高く売れないようです。

最近では、着物の新規購入は少なく必要な時期に限定してレンタルする人が多く、12月から3月あたりに査定金額が上がる傾向があります。

このため、自宅に不要な着物があって少しでも高く売りたい場合はタイミングを決め、どの時期も同じだと考えないようにすることが大事です。

ただし、着物の需要は近年では下がっていることや、専門店や製造する工場の数も大幅に減っています。

このため、着物を売るタイミングは需要が高い時期を把握し、安く値切られないようにしないといけません。

着物に関する知識を深める

着物は査定金額を決めにくいため、業者の選び方や交渉の仕方が重要なポイントになります。

買取業者は専門店以外にもブランド物がメインで着物はついでだという扱いもあり、どれだけ重視しているか確かめて選ぶことが大事です。

また、業者の多くは利益を大きくするため安く買って高く売ろうとするため、最初の提示金額は相場より大幅に下げていることもあります。

このため、業者側に足元を見られないよう着物に関する知識を付け、正当な金額でなければ反論できるようにしないといけません。

しかし、宅配買取のように直接的に対面しない場合は一方的に押し切られてしまうので、不安な場合は店頭または出張買取を選ぶことがおすすめの方法です。

着物の知識をつけるためには製法や種類ごとの相場を確かめ、大幅に安い金額を提示されるとすぐに反論できるようにする必要があります。

また、相見積もりをすると成約するため査定金額を高くしてもらえ、じっくりと時間をかけて交渉すると効果的です。

帯などもセットで買取してもらう

着物は帯や和装小物など付属品と一緒に出せば査定金額が上がります。なぜならセットにすることで需要が上がるからです。

着物買取業者は帯や和装小物なども取り扱うため、あればそのまま捨てずに出せば高価買取を期待できます。

また、着物に合う帯や和装小物があれば組み合わせると買う人も増えるため、使わなくてもきれいな状態で保管すると効果的です。

着物の買取は条件を付けていることもあり、帯など付属品が揃っていないと受け付けていない場合もあります。

このため、セットで買い取ってもらえるよう保管方法に注意し、需要が高い時期に出すことがおすすめです。

また、帯は名古屋帯など種類を特定できるものにすると査定金額が上がり、和装小物はレアなものになると高く売れます。

着物は単体で着ることがなく帯などと組み合わせているため、あればきちんと揃えてから出せば高く買い取ってもらえて効果的です。

複数の買取業者に査定してもらう

着物の買取金額は同じものでも査定担当者によって変わってくるため、比較して納得できるようにすることが大事です。

査定料金は着物買取業者の多くで無料になっているため、複数の内容を比較してから決めることもできます。

高価な着物は専門的な知識がないと適正な金額を出せないため、複数の業者を比較すると大きな差になりやすいです。

このため、じっくりと時間をかけて納得できる条件を探すとアドバイスをしてもらえ、高く売るコツをつかめます。

ただし、複数の業者の査定金額を比較する際に注意すべきことはキャンセル料金になり、返送料がかかることが多く積み重なると負担する金額が増えて逆効果です。

また、ホームページやチラシなどで着物の高価買取をアピールしている業者もありますが、実際には許可無しで営業し安く買い叩く傾向があります。

このため、相場を事前に確かめて比較するよう段取りを決め、信頼できる業者のみにすると良いでしょう。

着物買取のおすすめ業者3選 

赤色の帯
着物買取のおすすめ業者3選

不要になった着物は愛着があるため少しでも高く売りたいものですが、買取業者ごとに査定金額が変わってきます。

また、着物は業者だけでなく査定士の知識量や実績などで査定金額が出されるため、価値が高いものでも安く買い叩かれる場合も少なくありません。

着物買取は専門店以外にリサイクルショップなどでも扱っていますが、査定金額やサービス内容は大きく異なります。

着物を高く売るためには着物の専門店が最適ですが、多くの業者があるためそれぞれの査定金額を比較すると時間や手間がかかり急ぎの場合には厳しいです。

このため、時間がなくても比較できるようおすすめの業者を3つ紹介しますので、それぞれの特徴を確かめて選ぶようにしてみてください。

バイセル

着物買取業者の中でもバイセルは実店舗があり知名度も高く、運営会社のバイセルテクノロジーズは上場企業で信頼できます。

買取方法は店頭以外に出張や宅配もあり、査定料や買取手数料が無料で好みに合わせて選べて便利です。

また、着物以外にもブランド品など幅広く買い取っているため、ついでに利用すると不用品回収をスムーズにできます。

バイセルの査定員は全国で250名と多く、研修で着物に関する知識や人との接し方などを教育されているため信頼性が高いです。

出張買取は日本全国に対応し査定内容に納得できるとすぐに現金で受け取れ、急いでいる場合にも気軽にできます。

また、宅配買取は梱包キットや送料、キャンセル料が無料で、査定金額に納得できない場合でも安心です。

申し込み方法は電話やメール、チャットがあり、ホームページで着物の買取実績を紹介しています。

出張買取を利用するときは成約後でも8日以内であればクーリングオフ制度があり、査定金額に納得できない場合でも気軽にキャンセル可能です。

バイセルは定期的にキャンペーンがあるため、予想よりも高く売れるチャンスもあります。

福ちゃん

次に、福ちゃんは中尾彬夫妻のCMで有名ですが、店舗数は全国で13あり店頭での相談や買取もできます。

また、買取額アップキャンペーンを常時開催するため、他社より高く売れる可能性もあります。

福ちゃんはお客様ファーストをモットーに、買取業者の中でも評判が良く査定員はマナー研修を受けているため安心です。

着物の査定金額は業界トップクラスで、目利きで実績がある鑑定士が在籍しています。

また、着物を出す前に写真を送ると査定金額の概算を確かめてもらえ、売るタイミングを決めると効果的です。

買取方法は店頭、宅配、出張がありますが、宅配以外は査定結果に納得した時点でその場で現金を受け取れます

出張買取サービスは買取価格アップキャンペーンを実施し、日本全国対応のため高価買取に最適です。

また、初心者でも安心して利用していただけるようホームページのコンテンツが充実し、着物の買取実績を紹介しています。

着物の買取は他社より力を入れ査定員はマナー研修やサービス改善、プライバシー保護を徹底し、納得できるように対応してくれます。

申し込み方法は電話またはメールがあり、初心者でも気軽に相談できるためおすすめです。

ザ・ゴールド

ザ・ゴールドは株式会社マックスガイが運営し、店舗数は全国で79と多く店頭買取に力を入れています。

また、店舗はすべて直営のためフランチャイズではなく、管理体制がしっかりしていて安心です。

申し込み方法は電話、ウェブサイト、FAXがあり、買取方法は店頭以外にも出張や宅配もあります。

対応エリアは日本全国のため好みに合わせて買取方法を選べ、店舗まで遠くて行く時間がなくても気軽に利用できて便利です。

また、梅沢富美男さんのCMでも知名度が高く、着物以外にも帯、和装小物なども査定してもらえます

着物はシミやシワ、汚れがあっても買い取ってもらえ、他社で扱っていない場合でも可能です。

ザ・ゴールドは骨董品などの買取がメインですが、着物に関しても適正な査定金額になるよう対応してくれます。

また、LINEのお友達登録や不定期にキャンペーンを行い、通常よりも査定金額が上がるため最新の情報をチェックすると便利です。

このため、自宅にある不要な着物の整理や断捨離、生前整理に最適で、らくらく着物買取はテレビメディアで注目されています。

ザ・ゴールドは店頭買取に力を入れているため、買取金額の交渉ができて高く売りたい場合に最適です。

着物の買取価格が安い場合にできること 

複数の着物
着物の買取価格が安い場合にできること

着物の買取金額が安い場合はそのまま了承してしまうと相手の思うつぼになりますので、きちんと断って他社に査定を依頼するようにしましょう。

買取金額が安いかどうか判断するためには事前に相場を確かめないとできないため、着物の種類を確かめてネット上で検索してから比較することが大事です。

しかし、着物買取専門店以外は査定担当者に着物に関する知識がなく、査定金額を高くしてもらうことは期待できません。

このため、時間がなくて査定金額を比較する余裕がなければ専門の業者に限定し、納得してから決めると効果的です。

また、査定担当者と対面するときは提示する金額に対して異議を唱えると強く反論されないか不安になりますが、実際にはこのような行為は禁止されているため安心できます。

しかし、査定金額に納得できない場合は業者や買取方法によって変わってくるため、それぞれの注意点を確かめ失敗しないようにしましょう。

買取のキャンセル

査定金額が明らかに相場よりも安い場合はキャンセルができるか気になりますが、着物買取専門店であれば基本的にはできます

しかし、リサイクルショップではできないこともありますが、そもそも買取金額が安すぎるため利用しないほうが良さそうです。

ただし、着物買取専門店でキャンセルするときは買取方法によって異なり、以下のような注意点がありきちんと確かめる必要があります。

店頭買取または出張買取では査定担当者と対面方式になり、その場で金額交渉ができますが安く値切られたらキャンセルしても構いません。

この場合はキャンセルしても料金がかからないため、他社と比べて差額が小さくても影響しないため安心です。

ただし、宅配買取の場合は査定担当者と対面方式ではなく、伝えられた金額に納得できない場合は返送してもらうことになります。

ちなみに、返送料は無料ではなく実費を支払う必要があり、キャンセルして他社の査定金額との差額よりも大きくなれば結果として赤字になるため注意が必要です。

着物買取専門業者の公式サイトで宅配買取に関してすべて無料と記載されている場合もありますが、それでも返送料は実費で支払わないといけないこともあります。

このため、宅配買取は自宅にいながらにしてできて便利ですが、キャンセルすると返送料は実費で負担することを認識して選ぶことが大事です。

キャンセルを避けたい場合はメールやLINEで写真を送って査定金額の概算を出してもらい、利用者の口コミや評判が良い業者を選ぶしかありません。

店頭買取や出張買取の場合は査定担当者にその場で金額交渉できますが、着物に関する知識がないと押し切られてしまいます。

しかし、複数の業者の査定金額を比較していることを伝えると効果的で、なぜなら成約してもらうために当初の金額より上げてくるからです。

ただし、明らかに足元を見て査定金額を安く提示する業者もあり、この場合はきっぱりと断るようにしましょう。

クーリングオフ制度の活用

着物買取をしたあとに査定金額に納得できないため、成約後にキャンセルできるか気になるものです。

結論は出張買取のみ適用されますが、店頭買取や宅配買取は対象外になります。

出張買取はクーリングオフ制度の対象になり、買取後8日以内なら原則として返却が可能です。

しかし、着物買取業者によっては対象外のケースもあり、事前にホームページで確認する必要があります。

クーリングオフになるケースは出張買取に限定されるため、店頭または宅配を選んだ場合にはあとから取り消せないため納得してから決めないといけません。

着物は購入金額が高いと古くてもそれ相応の金額で買い取ってもらわないと満足できませんが、出張買取であればクーリングオフ制度があって便利です。

また、業者側もクーリングオフのルールが決められているため、成約後でも8日以内ならキャンセルを申し出ても文句を言われません。

このため、着物をきちんと査定してもらいたい場合は出張買取を利用し、査定担当者の説明を聞いて納得してから決める方法が最適です。

大手の着物買取業者は査定担当者の教育をきちんとしているため、クーリングオフに備えていて気軽に相談できます。

ただし、店頭買取や宅配買取はクーリングオフの対象外になり、成約した時点で終了のため納得できる条件にしないといけません。

このため、着物をなるべく高く売るためには出張買取が便利で、クーリングオフ制度があるため成約後に気が変わってキャンセルできることがメリットです。

しかし、クーリングオフ制度の内容を知らないと高く売るチャンスを逃すため、着物買取の前に確かめる必要があります。

ただし、すべての着物買取業者にクーリングオフ制度があるわけでなく、事前にホームページで確認することが重要です。

このため、着物買取を安心してするためには宅配買取が便利で、クーリングオフ制度をうまく活用しましょう。

適切な価格で着物を買い取ってもらおう

訪問着の女性
適切な価格で着物を買い取ってもらおう

以上のように、いらなくなった着物を買い取ってもらうときは適切な価格を目指し、安く値切られないようにしたいものです。

しかし、着物は種類ごとに歴史や製法、使用する生地が異なり、専門的な知識がないと査定できません。

このため、着物買取業者や専門店だけでなく、最適な買取方法を選ぶ必要があります。

ただし、着物買取専門の査定担当者で知識や実績があっても最初に提示する金額は相場よりも低く、相手の足元を見てくることもあり安易に成約しないようにすることが大事です。

着物の査定金額に納得できない場合はキャンセルできますが、買取方法によって異なります。

宅配買取の場合は査定担当者に会わないため人と接しにくい場合に最適ですが、キャンセルすると返送料がかかるなどリスクがあります。

出張買取は成約後も8日以内ならクーリングオフ制度があり、査定金額に納得できない場合はキャンセルできて便利です。

また、着物の査定金額は同じ状態でも査定担当者によって変わってくるため、比較して納得できる条件にする必要があります。

しかし、リサイクルショップや着物以外のものを専門に扱う買取業者はなるべく避け、おすすめの着物買取業者を比較すると効果的です。

着物の買取ならバイセルがおすすめ

着物の買取で一番おすすめの業者はバイセルなので、まずはバイセルから申し込むことを推奨します。

着物買取は複数の業者や専門店がありますが、中でもバイセルは口コミ評判では業界No.1のためおすすめです。

バイセルの特徴は運営会社のバイセルテクノロジーズが上場企業で、初心者にも分かるようホームページのコンテンツが充実しています。

また、出張安心度、顧客満足度、買取額満足度の3つの部門で1位を獲得し、多くの利用者に支持されていることが特徴です。

バイセルは実店舗もあり店頭での買取で専門的な知識があり実績を積んだ担当者と相談し、納得できる条件にしてもらえます。

買取方法は店頭以外に出張や宅配もあり、自宅の最寄りの店舗から遠いときや来店する時間が取れない場合におすすめです。

不要な着物を売るときはまずはバイセルに申し込み、査定金額を比較することをおすすめします。

\ 詳しくはこちら /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次