いらない着物の買取はどうするの?事前に知っておくべき注意点と流れを解説!

着物を着る女性

自宅の押入やタンスの中にいらない着物があると実際に売れるか気になりますが、そのままゴミとして捨てるともったいないものです。

この記事では着物の買取方法や相場、高く売るコツ、注意点を紹介し、いらなくて処分したい人に参考になるよう解説します。

ただし、着物はどのような種類でも買い取ってもらえるわけでなく、条件を確かめてから出すことが大事です。

また、同じ着物でも様々な状況で価値が変わってくるため、上がるチャンスに売るようにしないと損することになります。

いらない着物の処分は予備知識がないと失敗するため、この記事を読んでからするようにしましょう。

また、古い着物でも予想以上に高く売れる可能性があり、どのような特徴があるか確かめると役に立つと思います。

目次

いらない着物の買取おすすめ業者3選

いらない着物の買取おすすめ業者3選

いらない着物の買取は着物買取専門業者に依頼すると知識がある査定員に鑑定してもらえるため、本来の価値を決めてくれて安心できます。

ただし、着物買取専門業者は数が多くそれぞれの査定金額を比較すると時間や手間がかかるため、手早く済ませたい場合は信頼できる業者を優先すると効果的です。

いらない着物は着物買取専門業者以外にもブランド買取店、リサイクルショップなどで買い取ってもらえますが、着物に関する知識がない査定員しかいないため安くなります

このため、着物を高く売りたいなら着物買取を専門とする業者に絞ると最適ですが、多くの選択肢があるため迷うものです。

しかし、以下の3つの業者が高価買取を期待するのにおすすめであり、最初に査定金額を出してもらうと良いかもしれません。

バイセル

バイセルは名前のように着物を買って売る業者であり、坂上忍さんや木村佳乃さんのCMでおなじみのため知名度があります。

また、多数のメディアで紹介されているため名前を聞いたことがある人も多く、4年連続で買取価格満足度がNo.1と信頼性が高い業者です。

バイセルはホームページのコンテンツが充実し、着物の買取実績を写真や金額などを添えて紹介しています。

このため、愛着がある着物が安く値切られてしまう心配がなく、需要に応じて査定してもらえて安心です。

買取品目は振袖などすべての種類の着物だけでなく、帯や和装小物などの付属品も取り扱っています

買取方法は店頭買取、出張買取、宅配買取の3つの中から選べるため、都合や状況に合わせて決めると便利です。

また、送料や梱包キット発送等にかかる費用が無料で、気軽に査定依頼ができます。

ちなみに、出張買取は無料で全国対応のため、最寄りの店舗がなくても安心です。

福ちゃん

福ちゃんは中尾彬さんの「福ちゃんだね」というセリフでおなじみの着物買取専門業者で、商号は2014年5月に大阪市東成区で設立された株式会社REGATEです。

また、最近では池波志乃さんに加えて鈴木福さんが仲間入りし、桃色の背景と「福」の文字が目をひきますが古い着物でも買い取り実績はNo.1と他社を大きく引き離しています。

福ちゃんが高価買取を実現できる要因は自社で中古の着物を販売する市場を運営するためで、流通コストを減らしているからです。

このため、愛着ある着物を少しでも高く売りたい人や、安心して依頼できる業者を選びたい人におすすめの業者と言えます。

また、顧客満足度が高く利用者の90%以上が買取価格や査定員、スタッフの応対に満足しているため、着物買取の初心者におすすめです。

買取方法は店頭、宅配、出張と好みに合わせて選べ、期間限定で買取金額アップキャンペーンを行い出す前にLINEで無料査定ができます。

ザ・ゴールド

ザ・ゴールドは創業60年の歴史があり、利用者は累計140万人と実績があります。

また、「安心して自宅に呼べる買取店」で第一位を獲得し、安心して出張買取ができる業者として有名です。

中でも出張買取は店舗スタッフが訪問するため、他社のように食い違いなどのトラブルが起きにくく安心できます。

また、全国の査定スタッフが日本有数の着物買取の有識者から教育を受け、いらない着物をきちんと査定してくれて安心です。

そのほか、店舗数は全国に70店舗あるため他社より多く、査定スタッフと気軽に相談できます。

着物は汚れたり価値がないものでも1点ずつ丁寧に査定し、値段がつかなくても無料で回収してもらえて便利です。

また、梅沢富美男さんを起用したホームページで安心感があり、他社と査定金額を比べてから決めると良いかもしれません。

買取方法は店頭と出張以外にも宅配もあり、都合や状況に合わせて選べることが特徴です。

業者に着物を買い取ってもらう流れ

箪笥から着物を取り出す女性
業者に着物を買い取ってもらう流れ

着物買取の方法は業者ごとに選べる選択肢が変わってきますが、基本的に3つのパターンがあります。

最初に、基本ともいえる店頭買取になり、自宅の最寄りの店舗に行って査定員が着物を鑑定し、査定金額に納得するとその場で現金を受け取る方法です。

ただし、最寄りの店舗がないときや時間に余裕がない場合は利用したくてもできないため、着物買取専門業者では出張買取宅配買取も取り扱っています。

このため、自宅の最寄りの店舗がなくても好みに合わせて選べるため、いらない着物があれば気軽に買取依頼ができて便利です。

しかし、出張買取や宅配買取はメリットだけでなくデメリットもあり、それぞれの流れを確かめてから決めないといけません

宅配買取や出張買取は以下のような流れになり、初めて着物買取専門業者を利用する際に参考にしてみてください。

また、査定金額に納得できない場合はキャンセルもできますが、注意すべきこともあります

宅配買取

宅配買取はいらない着物をそのまま箱に詰めて業者に送り、査定金額を銀行口座に振り込んでもらう流れになります。

最初に、着物買取専門業者のホームページで宅配買取に対応しているか確かめ、準備するものを確かめます。

着物の買取は本人確認をしないとできないため、宅配買取の場合は身分証明書のコピーを着物と着払い伝票、申込書と一緒に入れることが必要です。

梱包キットは申し込むと業者から確認のメールまたは電話があり、郵便局から本人限定受取郵便で送付されます。

郵便局から届く梱包キットは着物のサイズに合わせて段ボールや梱包に使うテープ、ゆうパック着払い伝票、買取申込書が届きます。

梱包は着物にシワができないよう注意し、申込書には名前や住所のほか査定金額を振り込むための銀行口座情報を記入し着払い伝票も空欄がないようにします。

梱包後は郵便局に自宅まで取りに来てもらえ、そのまま渡すだけで完了するため便利です。

その後、着物が業者に届いてから査定になるため、宅配買取の一連の流れが終わるまでに最低でも10日間になります。

また、査定結果はメールまたは電話で連絡がありますが、キャンセルすると返送料がかかるため注意が必要です。

出張買取

次に、出張買取は業者のスタッフがそのまま自宅に訪問し、着物を出せばその場で査定し納得すれば現金と交換する方法です。

出張買取は多くの着物買取専門店で選べますが、希望する日時を指定できない場合もあります。

なぜなら、業者のスタッフの人数が限られているためで、着物買取の需要が高い時期は余裕がなくなるためです。

また、査定のための自宅に訪問するスタッフは査定金額をすぐに渡せるように準備するため、事前に着物の特徴や状態を明確に伝えなければなりません

業者のスタッフの訪問日時が確定すると原則的にキャンセルができず、本人が立ち会う必要があります。

また、査定に先がけて本人確認をする必要があり、運転免許証やパスポートなど顔写真付きの身分証明書を準備し必要に応じてコピーしないといけません。

査定士はその場で着物を鑑定しますが、結果が出て納得できない金額であればキャンセルできます。

キャンセルの場合は別料金を請求される心配がなく、他社と比べて決めたい場合には最適です。

また、出張買取に限りクーリングオフが適用されるため、買取成立後でも8日以内であればキャンセルできます。

着物の買取相場

縮緬の着物
着物の買取相場

着物の買取相場はいらない着物を処分するために参考になりますが、有名な作家が手がけているものでなければそれほど高く売れない傾向があります。

査定金額の相場は購入金額の5%が目安になりますが、需要に応じて決められているため変わることもあります。

また、ノーブランドやポリエステルなどの安い素材が使われていると100円になるため、わざわざ買い取ってもらっても意味がないことが特徴です。

逆に、有名な作家が手がけて独特な製法であれば10万円単位になることもありますが、証紙や落款など証明できるものがなければいけません

着物の相場はあくまでもシワや汚れがなくスムーズに再販ができる状態であり、査定士の目によって判断されます。

相場はあくまでも需要に応じて決められ、近年では低くなっているためなるべく早く出さないと下がることが予想されています。

ただし、家宝として保管されてきた人気作家の着物であれば10万円以上になることもあり、いらないなら着物買取専門店に査定してもらうと良いかもしれません。

また、相場の金額は査定金額が適正であるか判断するきっかけになり、知らないままだと安く値切られても気づかないまま了承してしまうこともあります。

多くの業者は安く買って高く売り利益を大きくするように考え、最初に相場より安い金額を提示するものです。

しかし、相手が着物の相場を知っていると近づくように値段を上げてくる傾向があり、納得できるまで比較すると良いかもしれません。

金額交渉できる店頭、出張買取がおすすめ

ただし、相場を確かめて比較するためには宅配買取にするとキャンセル時に返送料がかかり、非効率的になります。

また、査定士と顔を合わせないため相場を知っていても好き放題されることが多く、金額交渉をするためには店頭買取または出張買取を選ぶことが大事です。

着物買取専門店のホームページにそれぞれの種類ごとに着物の相場が紹介されていますが、あくまでも付属品が揃っていて新品と同様にきれいな状態に限られます。

このため、査定金額を鵜呑みにして高価買取を期待すると実際に利用してがっかりすることになるため、信頼や実績がある鑑定士に依頼すると良さそうです。

しかし、着物の相場を確かめないと査定結果が適正であるか判断できないため、事前に調べてから依頼する必要があります。

買取相場は基本的に購入金額の5%程度ですが、10年以上経過したり需要がないと買い取ってもらえないこともあり注意が必要です。

いらない着物の買取価格を高くするコツ

羽織を着た男性
いらない着物の買取価格を高くするコツ

いらない着物は着物買取専門業者に買い取ってもらえますが、実際には様々な要因で金額が変わってきます。

しかし、着物を買い取ってもらうためには少しでも高く査定してもらいたいものですが、逆に安く値切られることもあり不安になるものです。

着物は実際には査定金額をつけにくく、専門的な知識がないと本来の価値が分かりません。

このため、着物に関する知識がない査定士が鑑定すると相場より安く値切られるため、絶対に避けることが大事です。

しかし、着物は専門的な知識があればどの業者でも査定金額が同じわけでなく、事前に相場を確かめて比較してから決めないといけません

着物を買い取る目的はリユースや転売などがありますが、そもそも需要がなければ買い取っても意味がなくなります。

このため、以下の5つのポイントを確かめ、失敗しないようにすることが大事です。

着物の買取価格を高くするコツ5つ
  • 着物を綺麗な状態で査定に出す
  • 着物のニーズが高い時期に買取してもらう
  • 着物に関する知識が豊富な業者に依頼する
  • 証紙がある場合は準備しておく
  • 複数の買取業者に査定してもらう

着物は購入したときに高価であっても需要がなければ査定金額も低くなるため、それぞれのポイントを確かめてから手放しましょう。

着物を綺麗な状態で査定に出す

最初に、着物を高く売るためにはきれいにすることは基本になり、汚れやシミ、シワなどが付いていると査定金額から減額されます。

着物の査定はホームページに相場が表記されていますが、あくまでも新品と同様の状態であることです。

また、着物は通常のクリーニングで対応できないこともあり、専門の業者に依頼するため出費が増えます

このため、その分の見返りがなければ逆に損することになるため、高く売れるもの以外はそのまま出したほうが良いこともあります

しかし、店頭買取で自宅から手提げ袋や車の荷台に入れて運ぶとシワや湿気がつくため、この時点で査定金額も下がり別の方法がおすすめです。

いらない着物はそのまま押入れやタンスに入れて保管しますが、湿気や虫食いなどがないようカバーを被せる必要があります。

また、出張買取に対応する業者であればまとめて出すときに運ぶ必要がなく、シワがついたり汚れる心配がなくて安心です。

着物のニーズが高い時期に買取してもらう

着物は成人式や入学式、卒業式、結婚式などで使われるため、この時期にレンタルする人が増えます。

このため、着物買取の需要が高くなり、通常よりも査定金額も上がってくることが特徴です。

着物買取専門店は買い取った着物を再利用するため、需要がある時期でなければ邪魔になり二束三文の金額で買い叩く傾向があります。

一年の中で着物の需要が高い時期は12月から4月になり、冬の時期に出せば査定金額が上がることを期待できるかもしれません。

ただし、最近では着物の需要が少なくなりつつあり、人気の作家が作ったブランドものでないと査定金額が上がらないことが現状です。

着物はブランド品と同じく需要に合わせて買取価格も変わり、今すぐに必要な場合は高くそうでなければ低くなります。

また、着物買取専門店は着物のニーズが高くなる時期にキャンペーンを行い、通常よりも査定金額を上げるためこのタイミングで利用すると良いかもしれません。

着物に関する知識が豊富な業者に依頼する

着物はブランド品と同様にある程度の知識がないと鑑定できないため、信頼や実績があるか確かめて業者を選ぶ必要があります。

最近では着物の専門店や製造工場などが減りつつあり、専門的な知識がある査定士の数も限られてきます。

このため、ブランド品をメインにするなど着物以外のジャンルの買取専門店やリサイクルショップを避け、相場の金額を確かめてから比較して決めることが大事です。

着物は歴史が古く査定が難しくなっているため、高価買取を期待できなくなっています。

着物に関する知識が豊富な買取専門店は利用者からの口コミや評判が良く、メディアや雑誌などで紹介されています。

ただし、ホームページで着物の買取実績を紹介し、どのようにすれば高く売れるかアドバイスしているため参考にすると便利です。

また、宅配買取は査定士と直接顔を合わせないため安く値切られることも多く、きちんと鑑定してほしいなら店頭買取または出張買取を選ぶようにしましょう。

証紙がある場合は準備しておく

いらない着物を売るときは人気の作家が作ったものであれば高く売れますが、このためには証明できるものがないといけません。

着物は証紙落款などで作家や種類などを紹介し、購入すると必ず付いてくるため保管しておかないと売るときに困ることになります。

証紙は着物の作家や特徴を紹介する紙または布になり、袋の中に入れて湿気や汚れが付かないように保管することが大事です。

最近では着物の需要が下がっていますが人気の作家や製法であればコレクターも多く、いらない着物でも予想以上に高く売れることもあります。

しかし、着物のみで何もなければ通常のものと同じ扱いになり、購入金額の1%にも満たないことも多く注意が必要です。

また、偽物の着物が出回っているため確認できないと売り物にならず、証紙や落款があれば書かれている内容が分かるようにしないといけません

着物を売るときは他のものとの差別化のため証明できるものが必要で、なければ二束三文になることが一般的です。

複数の買取業者に査定してもらう

いらない着物はどの業者でも同じ査定金額を出すわけでなく、担当する鑑定士ごとに大きく変わってきます

このため、キャンセルや比較がめんどくさいと考えると相場より安く査定され、高く売れるチャンスを逃すこともあり注意が必要です。

ただし、複数の買取業者に査定してもらうと多くなれば手間や時間がかかるため、事前に相場を確かめてから比較しないといけません

また、着物は需要に合わせて買取価格が変わることや、鑑定士の知識や実績がないと相場より安く値切られる傾向があります。

査定金額を比較するときは提示された金額を確かめてキャンセルを繰り返しますが、宅配買取にすると返送料が発生するため注意が必要です。

また、出張買取の場合はキャンセルすると料金を請求される場合もあり、比較するなら店頭買取を選ぶと良いかもしれません。

業者の鑑定士は良い条件で成約するため他社と比較していると分かれば査定金額を上げてきますが、予備知識がないと安く値切る傾向があります。

買取が難しいかもしれない着物

複数の着物
買取が難しいかもしれない着物

いらない着物を売りたいときは着物買取専門店に依頼すると専門的な知識がある鑑定士がいるため、相場に近い査定金額を出してくれます。

しかし、買取が難しい着物もあるため、出す前に確認して通常のゴミとして処分したほうが良いか検討すると良いかもしれません

そもそも、着物買取の専門店や業者はリユースやレンタル、転売などを目的に着物を買い取るため、これらの需要がなければわざわざお金を出して交換する意味がなくなります。

このため、以下の条件に該当する場合は思っていたほど高く売れないため、値段がつくだけでも良いと考えると良さそうです。

買取が難しいかもしれない着物の条件4つ
  • 古すぎる・傷みが激しい
  • 和装小物
  • 喪服
  • サイズが極端に大きい・小さい

いらない着物はそのまま保管すると邪魔になるため、需要があるタイミングで処分するとスッキリします。

しかし、着物買取専門店は値段がつかなくても無料で処分してくれることもあり、ほかの方法と比べて手間や費用を減らせて便利です。

古すぎる・傷みが激しい

いらない着物は古くなっていることも多いですが、商品価値があれば高く売れる可能性もあります。

ただし、着物は特殊な生地で作られているため、古くなれば傷みやすいことや色が落ちて商品価値がなくなります。

このため、リユースするためには使える部分が限られ、手直しするとコストがかかるため逆効果です。

着物買取専門店はホームページに購入してから10年など条件を付け、その際に証紙や落款などで証明しないといけないこともあります

最近では着物の需要そのものが大きく減っているため、古い着物は買い取っても売れないため断る傾向があります。

また、傷みが激しい着物に関しても同様で、着物クリーニングに出しても逆効果です。

和装小物

次に、和装小物は単体だけでの需要がなく着物とセットで出さないと大幅に安くなるか買い取ってもらえないこともあります。

また、着物買取専門店の中でも和装小物を扱っていない場合もあり、なぜなら単体では需要がないからです。

和装小物は着物と組み合わせることでおしゃれになるため、買い取ってもらうためには条件があります。

査定金額は購入価格の1%程度になることが多く、マッチする着物とセットでないと邪魔になるため断る業者も少なくありません。

しかし、着物の存在感を引き立たせるものであれば高くなるため、不要なものがあれば査定依頼すると良いかもしれません。

和装小物は販売価格が安くそれほど需要がないため、取り扱う着物買取専門店は限られます

喪服

喪服はあくまでも葬儀のときだけしか使わないため、わざわざ自宅に購入して保管する人は限られてきます。

また、販売価格と需要がミスマッチしやすいため、着物買取専門店でも査定金額が安くなるものです。

喪服は冠婚葬祭で使うものの必要な時期にレンタルするだけで済ませる人が多く、ほかの種類の着物と比べると査定金額が安くなります

このため、値段がつかないことも多く、無料で処分してもらえるか確かめて査定を依頼すると良さそうです。

また、喪服に限らず使用用途が限られるものは需要も低く、買い取ってもらえる業者や店舗自体も限られます。

このため、喪服の高価買取を期待できないため、買い取ってもらえるだけありがたいと考えると良いかもしれません。

サイズが極端に大きい・小さい

最後に、着物のサイズは買取金額にも大きく関係し、大きすぎたり小さすぎたりすると低くなります。

なぜなら、着物の買取は需要に合わせて査定金額が決められるため、体に合う人が少ないサイズになると買い取っても厳しいためです。

このため、女性であれば身長が145センチ以下や170センチ以上になると厳しくなり、オークションをしたほうが良いケースもあります。

また、サイズが合う着物がなく特注で作られたものは取り扱っていないことが多く、事前に確かめてから査定してもらうと良いかもしれません。

いらない着物を買い取ってもらうときは需要に合わせて条件が定められているため、サイズが極端な場合は断られることもあります。

着物を高価買取してもらおう

着物の女性
着物を高価買取してもらおう

いらない着物を処分するときは少しでも高く売りたいものですが、失敗を避けるためには専門的な知識がある鑑定士に査定を依頼する必要があります。

このため、着物以外のジャンルをメインに買い取っている業者やリサイクルショップを避け、着物買取専門店を選ぶことが大事です。

ただし、着物の査定金額は需要に応じて決められるため、最適なタイミングで出すようにしないといけません。

また、同じ着物でも業者ごとに査定金額が変わってくるため、最初に相場を確かめて比較してから選ぶことが重要です。

着物は需要がなければ買い取ってもらえないため、事前に業者のホームページで確かめる必要があります。

しかし、宅配買取は査定士と対面ではなく安い値段が付きやすく、キャンセルすると返送料がかかるため逆効果です。

着物を売るときは高価買取ができるよう店頭買取または出張買取を選び、それぞれの業者の査定金額を比較してから決めないといけません。

バイセルの無料査定がおすすめ

いらない着物の処分はそのまま捨ててしまうともったいないため、買い取ってもらい現金と交換する方法がおすすめです。

着物買取専門店は日本国内にも多く存在していますが、中でもバイセルは実店舗もあり複数の買取方法があります

このため、自宅からバイセルの店舗まで遠くても出張買取または宅配買取を選べ、限られた時間をうまく使えて便利です。

また、バイセルは顧客満足度が4年連続No.1と実績があり、リピーターが多く口コミや評判が良くて信頼できます

バイセルは坂上忍さんや木村佳乃さんのCMでもおなじみで、親しみやすいイメージがある業者です。

また、雑誌やメディアなどでも着物買取専門業者として紹介され、いらない着物の処分はバイセルをおすすめします。

\ 詳しくはこちら /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次